2012年09月18日

東アジアに対立を企む白人の術中にハマってはいけない!

やたら、私たちの耳に入ってくるニュースは偽物です!

現在進行中の中国での日本に対するデモ、国の尖閣購入、都知事の尖閣購入発言などは、勿論出来レースです。ついつい騒ぎたくなってしまう(お祭りに送れるような...)気持は十分解りますが、ここは冷静になってください。本当に全てがやらせなんです!その証拠に、消費税法案が終わってから、いろいろ国境関連の動きを、あの民主党野田内閣がやり始めましたよね!原発再開やら、尖閣購入やら、これらは筋書きに沿った、白人の策略です。

政府がやることと、呼応してマスコミが重点的に流す情報は私たちをある方向に持っていくための常とう手段です。全てやらせなんです。

東アジアは基本的に会話をさせず、仲間意識を持たせないようにしなければなりません。よく見てごらんなさい、日本-中国、中国-台湾、中国-韓国、韓国-北朝鮮、日本-ロシア、etcどうです...みごとに分断されていることに気がつきませんか?これらは、策略によってこうなっているのです、残念ですけど。

中国の方々の過半数がこの誘導に気がつくのは非常に難しいと思うので、まずは日本人そして、韓国の方々がきずくべきだと思います。日本、中国、朝鮮はほぼ同じ民族です、兄弟といってもよいと思います、過去の歴史を勉強すればよく解りますし、遺伝的にも非常に近く、なんといっても見た目が一緒です。(海外の人は見極めますけどね?)私たち東アジア人が手を組むと、どうですか世界第2と3位の国と上位の国が同じ意思を持つと、その力は世界1です。太平洋の向こうの落ち目の三度笠など、私たちのいいなりです。

いいですか、この世界は白人の社会です!
黄色人種のような、下等な生物の下になるなど、アングロサクソンは絶対に許しません、彼らは正義のために神に誓って、私たちを皆殺しにします。これは原爆投下と同じ彼らの理論のゆるぎない正義なのですよ...元々黄禍論は彼らからみれば、正しかったのです。ヨーロッパもアメリカからは1歩下がっていますが、最後は白人同士ですから、私たち側には着かないでしょう...

私たちがもし、この世界を支配できるようになれば、今まで虐げられていた人々に光を当てることになるのですよ、今の中国はかなりアメリカに毒されて、彼らと同じことをウイグル地区やチベットで行っていますが、日本と中国が心から会話ができるようになれば、私は夢ではないと思っています。

世界は確かに腹黒いのかもしれませんが、少なくとも日本人は腹黒くないし(大多数は)法律がなくても暴動や略奪はしない。お互いに助け合うことができる。この秘訣を少しずつ広げていければと思っています。

私は、なんであんなちっぽけな島のことでもめるのか解りません。もし壮大な計画があれば、あんな石油も出ない尖閣や竹島など一緒に使うか、100歩譲って、あげちゃってもいいんじゃないですか!あげる理由は東アジアで一致団結することが条件です!

そして、白人に目に物を見せてあげようじゃありませんか!
私たちは世界的に見ても、非常に知能指数が高くしかも勤勉で、思いやりを持っている人種ですよ、選民意識ではないですが、ちょっと彼らとは違うんです。

頑張りましょう!
posted by 日本人 at 16:13| Comment(1) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやあ、拉致問題を起こす朝鮮人はいやですね。トランプは、拉致問題を解決してくれると言ったし・・・
Posted by し at 2018年04月16日 10:33
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。